よしおくんの日記帳

deainosato.exblog.jp
ブログトップ

神経症体験4

―人間の可能性―

津村喬著「気功=心の森を育てる」にこんなことが書いてある。

「人体にたくさんの毛細血管がありますが、平均で1c㎡400本といわれるその

中で、常時使っているのは、5,6本にすぎないのだそうです。スポーツをしてい

ますと40本くらいは使うのですが、それでも可能性の一割です。

もし筋肉の力がそこに含まれる血液と単純に比例するとしますと、自分で出せる

と思っている力の10倍は出せるかもしれないということになります。10倍でなく

ても、大きな〝潜在力〟があることは間違いないでしょう」「ほかにも持っていな

がら使っていない器官というのは沢山あるようです。

例えば肺には七億五千万の肺胞があるのに、そのうち使っているのは五分の一

程で、残りはそのまま墓場にもっていってしまうといいます」「フロイトは人間の脳

の十分の一しか使わないといいましたが、今の脳生理学者はそんなことはいいま

せん。すべてのニューロンがフルに情報処理できる可能性に対して、現実に使っ

ているのは十の二八乗分の一だというのですから、ほとんど使っていないといっ

ていいわけです」


人間は秘められた可能性をそんなにも持っていながら、それに気づくことはない。

しかし負の側からその可能性に触れることがある。神経症になるような人は自己

防御本能がもの凄く強い。それが結果として自分を攻撃し、自分で自分を地獄に

追い込んでいくのだが、その負のエネルギーは凄まじいものである。

瞬発的には私が経験したように、タタミをかきむしり、ドアに頭をぶちつけさせ、つ

いには失神させる程激しいものである。また片時もそのことを忘れず、眠ってい

る時でさえ、不安の排除に費やされる。


エネルギーの膨大さを思うと、驚嘆せずにはおれない。こういう体験をすると、そ

れは負の側から呼び醒まされたものであるが、自分の中に普段は眠っていると

てつもないエネルギーの存在を知ることになるのである。私自身、塗炭の苦しみ

の中で、正方向にこのエネルギーが働いたなら、地球とも相撲とれると本当に

思ったのである。見方によれば病気というのは、こういう内に秘められたエネルギ

ーに出くわすための生命装置だとも言える。

そして本当の意味で病気が治るというのは、負体験によって知ったエネルギーを、

正の方向に向って使うことなのである。元の自分に戻るということではけっしてなく、

絶対値の符号を逆転させるのである。


つづく
[PR]
by kumanodeainosato | 2011-01-30 15:54 | 神経症体験