よしおくんの日記帳

deainosato.exblog.jp
ブログトップ

― てのひらまつりⅣ ― 「葦舟の石川仁さん」

      「てのひらまつり」に出席して、色んな人に出会うことがきで、この催しを企画、
      開催してくれたケンゴさん、のぶちゃんをはじめ主催者の方々にとても感謝し
      ている。
      
      中でも葦舟の石川仁さんに会えたのは、熊野への一番の土産になった。
      多分、熊野川の龍神さんの計らいであろうと思う。

      二日目の夜、自分の出番を待っている時、私の次にもう一人ステージで喋り
      たい人がいるというのでケンゴさんから紹介された。
      葦舟を作りそれに乗って、川を下ったり海を渡ったりしているそうである。
     
      川原で葦を苅れば材料は手に入る。
      製作自体も簡単で三人乗りなら一日で出来るときいて大いに興味をそそられ
      る。
      私の頭の中ではもう既に葦舟が熊野川を下っていた。

      「熊野に来て欲しい」と言ったら「喜んで」ということであった。

      葦舟には太古の昔から魂が宿ると言われていて、神深い熊野で浮かべるに
      ふさわしい。
      また製作には葦を束ね、それを麻ひもで縛っていくが、麻も神事に使うもの
      なので、これも熊野に相性がいい。
      というより何より石川仁さんその人自身、熊野にピッタリという印象をもった。

      後で知ったことだが石川さんは、今まで色んな冒険をしてきている。
      
      サハラ砂漠をラクダ一頭を連れて、半年間2700キロ歩いたとか、白一色の
      アラスカでしばらくイヌイットと暮したとか、南米のジャングルを流れるオリノ
      コ川の支流を800キロカヌーで下ったとか、葦舟でチリの港からポリネシア
      のタヒチ近くのマルケサス諸島まで航海したとか、どれ一つとっても大した冒
      険である。

      しかし所謂冒険家と言われる人の様に、ある目標や目的を定めてそれを完
      遂することで名誉を得る等といったこととは少しちがうような気がする。
     
      石川さんは旅そのもの、冒険そのものと一心同体で、そのプロセスの中で生
      命を開花させ燃焼させている。
      そこに全てがある。
      目的地を設定し、それが優先させられることはない。

      石川さんが葦舟がすきなのは、石川さんと葦舟が似ているからである。
      石川さんによると、葦舟は出発して何処か目的地に向かう舟ではなく、風まか
      せの浮島だという。
      海そのものを生活の場にしてしまう舟なのだ。

      石川さんをみていると、オーストラリアの先住民のアボリジニを思い出す。
      彼等に動向した文化人類学者によると、アボリジニは水も食料も持たず砂漠
      を旅するが、移動する日々、何処かから水が出、食料が手に入るという。
      
      小智才覚に頼らず、全て神(宇宙)にゆだねているから、宇宙に同調し、宇宙
      に守られるのだろう。
      
      石川さんも宇宙の愛に抱かれているように見える。
      石川さんは冒険家のように用意周到にして旅に出るのじゃないと思う。
      常識人から見れば無謀とも思える行為に見えるその背景には、自然や宇宙に
      対する深い信頼があるはずだ。
      そうでなかったら、葦舟が真二つに折れた外洋で、舟の修繕そしながらクジラ
      と遊ぶなんて心の余裕はとても生まれない。
     
      彼は宇宙の正体を体得しているのだろう。

      石川さんの指導で作った葦舟を神の川、熊野川に是非浮かべてみたい。

      2009年10月初旬の予定。


     
      石川仁さん主催 カムナ葦舟プロジェクトHP
     

a0129148_18563572.jpg

                     
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-02 12:06 | てのひらまつり