よしおくんの日記帳

deainosato.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「無題」

      いきなり尾籠な話で、恐縮でありますが、あのうんこなるもの、人間としてこの地
      上界に生まれ一生つき合わねばならないもの。
      このものについてつらつら考えるに、いや実に不思議というか奥深いというか、な
      めてかかれないものだなあというのが、実に齢64歳にして、やっと解ってきた次
      第です。

      私め、幼少のみぎりより胃腸が弱く、緩る腹になったり、張り腹になったりと、腹の
      ことではなかなか苦労を重ねてまいったのですが、数年前より洗腸器なるものを
      使用するに及んで、快腸な毎日を送らせていただけるようになったのです。

      数年前まで、私の腹の中にあったものをつくづくながめては、「あら尊うと」と手を
      合わせ、神様に感謝します。
      うんこが尊い訳ではなく、うんこを身体から出していただける働きが尊いのです。

      この世という三次元世界で生きるために、身体という器を与えられました。
      そしてその器を維持し、働かすために食物をとります。
      食物をとればカスが出るということになり、これがうんこと称するものです。
      
      カスでもカンナくずのように、いいにおいのものもありますが、このカスは何故汚く
      てくさいのでしょうか。
      これには意味があるのです。
 
      私達は個別化された体をもっているために、その自己というものを守ろうとします。
      その自己保存の最も原始的な形態が食べるということです。
      
      自己は食べるだけでは満足せず、際限なく自己自身の拡大を計ろうとします。
      その過程で人とまさつを起こし、傷つけたり、意地悪したり、圧力を加えたり、ある
      いは闘ったりします。
      これによって生まれるのが「業」というものです。
      あるいは自己拡大の宿命そのものが「業」といえるでしょう。

      私はうんこはこの「業」が形になったものではないかという気がするのです。
      だからくさくて汚い。
      いい香りできれいなうんこ等というものはありません。
      
      洗腸して腹の中がすっかり掃除した時、この上なく爽やかな気分になるのは、あ
      れは業の浄化の疑似体験をしているからかも知れません。
      同時に自分のうんこを見て己が業の深さを知るのです。
      
      来る日も来る日も業は貯まります。
      食べるというのは、そういう行為で、生きるというのはそういう行為です。
      
      この世とはそういう所で、人間とはそういう存在であると言ってしまえばそれまで
      ですが、私は硬派のくせに「人間だからね」なんていうのは嫌いです。

      この世とオサラバする前に、この循環の外に出たいという途方もない高望みをし
      ています。


      ※腸洗浄器のことを「熊野出会いの里」ブログでも書いています。
       気になる方はそちらもご覧あれ~ → 「熊野出会いの里」ブログ
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-18 15:18 | よしおくんの健康

「未来を予言する」

      テレビをつけたら、「ビートたけしの超常現象」というのをやっていた。
      
      2012年がどうのこうのと言っている。
      マヤ暦は2012年12月22日で暦が終っているというのは、今ではもうたいて
      いの人が知っているが、それについて侃々諤々。

      チャンネルを変えずに見ていたら、宇宙人が地球をねらっているのだという人
      がいる。
      新種のウイルスも宇宙人が関わっているのかもしれないという。

      少し考えればそんなことあり得ないことが分かるだろう。

      何十か何百か何千か何万光年か知らないが、そんな遠い所から地球にやっ
      てくるほどの科学力を持った宇宙人が、その気になれば地球の一つや二つ乗っ
      取るのは訳ないだろう。

      しかしまあそんなことはあり得ない。
      何故なら科学力がそこまで進んでいるということは、魂のレベルも地球人より
      はるかに高いということである。
      もし霊性が低いまま、科学だけ進歩すれば、科学を制御できなくなり、既にそ
      の文明は亡んでいるはずだからである。

      宇宙人が地球に来ているとしたらむしろ地球を助けたいと思っているからだろ
      う。
      というのは現在の地球はどう見ても宇宙の不良星だし、宇宙の一員として黙っ
      て見過ごす訳にもいかないだろう。
      事実多大な迷惑をこうむる可能性だってある訳だ。

      その他にも太陽の黒点がどうのこうのとか意見は色々出ていたが、最後に予
      言者にきこうということになり、ブラジル人の女性がスタジオに来て、彼女の信
      仰する神に伺いを立てる、その結果。
      「安心して下さい。何も起りません」

      私はそれを見ていて、「あっ、この人は本物だ」と思った。
    
      もっともらしい予言をして人心を惑わすのはあまり質のいい霊能者とはいえな
      い。
      低級な霊能者は自分の波動に近い幽界の波動に同調し、そのスクリーンに映っ
      た未来を見て、恐ろしげなことを言うが、もっと波動の高い霊界や神界には別
      な姿が映っている。
    
      未来というのは、神や運命によって決められるものではなく、自分が決めるも
      のなのである。
      それは予言するものではなく、創造するものなのだ。
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-15 15:30 | プチ熊野大学

「手当て」

      小山君が朝のミーティングの時、ロボットみたいに、首をまっすぐ立てて入ってきた。
      寝ちがいして、痛くてたまらないという。
      顔は正面を向いたまま、横にも下にも曲げられない。
      まるで見えないギプスに固定されているようである。

      これでは仕事どころではない。
      じっとしていても痛くて辛いというので治療することにする。

      私はこれでも鍼灸の免許をもっている。
      ペーパードライバーならぬペーパー鍼灸師である。
      免許は取ったものの、百姓と二足のワラジをはく気が起らなかった。
      鍼も灸も太陽の下の魅力にはとうてい及ばなかったのである。

      従って治療するといっても鍼灸ではなくただ相手の患部に手を当てるだけである。
      それが効くのか効かないのかは、私は全く知らない。

      最近、佐代が腰痛になり、2、3回やったことがあるが、過去においても数える程し
      か経験がない。

      治療が始まる。

      昔、娘の腹痛を治療した時のことを思い出した。
      この時は自分の手から気が出ていることをイメージして、その力で癒そうとした。

      しかし今回は全くちがった。

      私の力は何もないという認識だ。
      ただただ媒体物になる。
      宇宙のエネルギーが、私の身体を通って、相手の身体に流れる。

      「世界人類が平和でありますように」と祈り、神の光を誘導する。
      そして「守護霊様、守護神様よろしくお願いします」この二つをくり返し称え続ける。
      時々「小山君の首がよくなりますように」というのも加える。

      自分は無である。
      ただ神の道具である。
      
      「我」があれば、ショートして電流(気)が流れにくくなる。
      
      五分、十分治療を続けていると、小山君が「大分楽になりました」と言って、ポツリ
      とこう言ったのである。
      「麻野さんの存在を感じません」

      ドキッとして「よっしゃ」と思った。
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-15 10:52 | よしおくんの健康

「露伴と枝豆」

      露伴は枝豆が好きだったそうである。
      あの「五重塔」の幸田露伴である。

      娘の文さんが書いている。

      終戦後、まだ食糧難のころ、父に食べさせようと汗の出なくなる程歩きまわり、
      ある農家で土間に束ねてある豆を見つけ、譲ってもらう話にまでこぎつけた。
      しかし、「これは一等品だから、うちで食う。よそに売るのは二等品、三等品」
      と言われて、二等品でかたづけられたそうな。

      露伴はそれでも喜んだ。
      「それならあの一等品ならどんなに」と思うと残念さがぶりかえしつい愚痴を
      こぼした。
      しかし「百姓は何代、不出来なものばかりを食べて、いいものを売ってくらし
      てきたか。いまちょっとぐらい偉い気になったって、いいじゃないか」とたしな
      められたのである。

      お米の時も、芋の時も文さんが腹を立てると、露伴は「いいじゃないか」と百
      姓を庇い、「お前の方がよっぽど、おっかないよ」と笑っていた。

      買い出し体験をした人は、今でも百姓を親の仇みたいに、口汚くののしる人
      が多いが、実際、百姓の狡猾さ、横柄さ、欲の深さ等の毒ガスを吹きかけら
      れたのだろうが、百姓にとっては千載一遇のチャンスだったのだ。

      露伴同様、百姓のために弁護すると、食糧難のあの当時売り手相場にもか
      かわらず米は自由に販売できた訳でなく、食米(自分の家で食う米)を残して、
      全て国に供出しなければならなかった。
      詳しい制度については書かないが、百姓も収穫量の名目と実質のわずかな
      隙間をぬって、闇米を捻出し、生活費に当てたのである。

      町の人が配給米だけで生きられなかったように、百姓も超安い供出米だけの
      収入では生きられなかった。
      ただ現物を握っているものの強みがあったのである。

      ついでに言うと、昨今、というよりもう随分昔からこの国では米余りになってい
      る。
      米が余ったから減反しろ。
      足りない時は統制を加えて、自由に売らせないで、余ったら自分で売れという。
      これじゃあ百姓はたまったものでない。

      百姓はそういう割を常に食わされ、そういう歴史を生きてきたので、自分が有
      利に立った時、相手に対してどういう態度をとったらいいのかという文化とは無
      縁だった。
      態度が横柄で尊大だったとしても、その背景には虐げられてきた過去がどっさ
      り詰まっているのである。
    
      そんな話を、朝のミーティングの時していたら、小山君が口を開いた。
      彼は丹後の出身であるが、親戚の農家のおばさんにきいた話をしてくれた。

      食糧難の頃、町の人に米を譲って欲しいと頼まれて、あり余っている訳ではな
      い米を譲った。
      そのうち親しくなり、その人の家に遊びに行ってみると、台所の洗い場のおひ
      つや茶碗に米粒がくっついていた。
      それを見ておばさんは腹を立てたという。

      ここに米を作る人と食べる人の意識のズレがある。

      食べる方は、食べるだけのドライな立場にいるが、作る方はそのプロセスの大
      変さに関わっているので、一粒一粒に対する思い入れがまるでちがう。
      まして機械化以前の米作りに於いておやである。

      これをつなげるのは露伴のような想像力であり、懐の深さである。
   
      文さんはこのことについて今でも父に感謝しているそうであるが、そのおかげで
      彼女は百姓や農村に対する嫌悪や偏見を持たずに済んだのである。

      しかしひとこと蛇足としてつけ加えておくが、露伴が鷹揚で、物解りがよく、文さ
      んが愚痴っぽかったのは、露伴の方が偉いのではなく、買い出しの現場にいた
      当事者と、買い出したものを享受するだけの立場にいたもののちがいである。

      そうはいうものの父には娘に正論を納得させるだけの人間としての実力があり、
      娘にはそれを素直に受け入れる器量があったということだ。
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-11 16:04 | プチ熊野大学

― てのひらまつりⅣ ― 「葦舟の石川仁さん」

      「てのひらまつり」に出席して、色んな人に出会うことがきで、この催しを企画、
      開催してくれたケンゴさん、のぶちゃんをはじめ主催者の方々にとても感謝し
      ている。
      
      中でも葦舟の石川仁さんに会えたのは、熊野への一番の土産になった。
      多分、熊野川の龍神さんの計らいであろうと思う。

      二日目の夜、自分の出番を待っている時、私の次にもう一人ステージで喋り
      たい人がいるというのでケンゴさんから紹介された。
      葦舟を作りそれに乗って、川を下ったり海を渡ったりしているそうである。
     
      川原で葦を苅れば材料は手に入る。
      製作自体も簡単で三人乗りなら一日で出来るときいて大いに興味をそそられ
      る。
      私の頭の中ではもう既に葦舟が熊野川を下っていた。

      「熊野に来て欲しい」と言ったら「喜んで」ということであった。

      葦舟には太古の昔から魂が宿ると言われていて、神深い熊野で浮かべるに
      ふさわしい。
      また製作には葦を束ね、それを麻ひもで縛っていくが、麻も神事に使うもの
      なので、これも熊野に相性がいい。
      というより何より石川仁さんその人自身、熊野にピッタリという印象をもった。

      後で知ったことだが石川さんは、今まで色んな冒険をしてきている。
      
      サハラ砂漠をラクダ一頭を連れて、半年間2700キロ歩いたとか、白一色の
      アラスカでしばらくイヌイットと暮したとか、南米のジャングルを流れるオリノ
      コ川の支流を800キロカヌーで下ったとか、葦舟でチリの港からポリネシア
      のタヒチ近くのマルケサス諸島まで航海したとか、どれ一つとっても大した冒
      険である。

      しかし所謂冒険家と言われる人の様に、ある目標や目的を定めてそれを完
      遂することで名誉を得る等といったこととは少しちがうような気がする。
     
      石川さんは旅そのもの、冒険そのものと一心同体で、そのプロセスの中で生
      命を開花させ燃焼させている。
      そこに全てがある。
      目的地を設定し、それが優先させられることはない。

      石川さんが葦舟がすきなのは、石川さんと葦舟が似ているからである。
      石川さんによると、葦舟は出発して何処か目的地に向かう舟ではなく、風まか
      せの浮島だという。
      海そのものを生活の場にしてしまう舟なのだ。

      石川さんをみていると、オーストラリアの先住民のアボリジニを思い出す。
      彼等に動向した文化人類学者によると、アボリジニは水も食料も持たず砂漠
      を旅するが、移動する日々、何処かから水が出、食料が手に入るという。
      
      小智才覚に頼らず、全て神(宇宙)にゆだねているから、宇宙に同調し、宇宙
      に守られるのだろう。
      
      石川さんも宇宙の愛に抱かれているように見える。
      石川さんは冒険家のように用意周到にして旅に出るのじゃないと思う。
      常識人から見れば無謀とも思える行為に見えるその背景には、自然や宇宙に
      対する深い信頼があるはずだ。
      そうでなかったら、葦舟が真二つに折れた外洋で、舟の修繕そしながらクジラ
      と遊ぶなんて心の余裕はとても生まれない。
     
      彼は宇宙の正体を体得しているのだろう。

      石川さんの指導で作った葦舟を神の川、熊野川に是非浮かべてみたい。

      2009年10月初旬の予定。


     
      石川仁さん主催 カムナ葦舟プロジェクトHP
     

a0129148_18563572.jpg

                     
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-02 12:06 | てのひらまつり

― てのひらまつりそのⅢ ― 「長瀞メンコ大会」

      てのひらまつりの二日目。

      昨日は「ひぐち」騒ぎで夜着いて、のぶちゃんに一通り会場を案内してもら
      ったが、暗い電気の下、昔の夜店のようで、郷愁をそそるものがあった。
      ただあのカーバイドのくさい臭いがしないのが物足らなかった。

      寝る前にコーヒーを飲んだせいで、目が冴えて寝つくまでに何度もトイレに
      起きた。
      こういう時に老いを感じる。


      この日朝からもう一度会場を見て回る。

      「てのひらまつり」って、どういう意味だろうと思っていたが、てのひらを使っ
      て物作りをする人々の祭りだそうだ。
      
      私は百姓なので、やはり手のひらを使って米や野菜を育てる。
      仲間に入れてもらえる資格がありそうだ。
      
      アクセサリーや小物の装飾品、草木染等の店が多い。
      他は食べ物、飲み物関係だ。

      殆ど若い人達で、既存の社会に飽き足らず、もう一つの生き方をしている人
      が多い。
      
      手のひらというのは、物を育てたり、作り出せるばかりでなく、水をすくうこと
      もできるし、光を受け止めることもできる。
      火にかざすこともできる。
      両手を合わせて祈ることもできるし、手をたたいて人を称賛することもできる。

      人間らしさを表現する大切な器官。
      その手のひらをもう一度しみじみ見つめた時、ちがう人の生き方、社会のあ
      り方が見えてくる。


      文明が高度になればなる程、工業化が進めば進む程、目線を低くして、生
      き物の私に戻らなければならない。
      近代人こそ手のひらと赤い糸でつながらなければならない。(と私は百姓を
      しながらずっと思ってきた。)

      会場を一周回って、知り合いもなく、手もちぶさたで主催者のテントにいると、
      メンコを研究しているという人が来た。
      ケンゴさんがその人にあげるのだといって、古いメンコをもってきた。
      図柄は戦争もので、戦前のやつである。
      それも四角ではなく、丸い。

      「私が珍しいベッタンやなあ」というと、その研究家は「メンコのことをベッタン
      というんですか。どの地方ですか」とペンと手帳で迫ってくる。
      
      「大阪近郊ではみんなそう言うがな」
      大阪弁で答える。

      いい話し相手が見つかったので、ベッタン談義をしながら自慢話をする。
      
      ベッタンはベッタともいうが、トランプ程の大きさで、トランプより少し厚い。
      色んなゲームがあるが、自分の玉で相手の玉を裏返しにする技術が基本
      になる。上手に風を送ると裏返しになるどころか、くるくると飛んでいく。
     
      私は子供の頃、この技量が人一倍すぐれていて、近所の子供たちのベッタ
      をみんな巻きあげたことがある。
      しかしそれでは遊べないので、台の上に上って、モチまきみたいにベッタま
      きをして、みんなの手元に返し、またそれを巻きあげるのである。

      上級生ともよく勝負したがたいてい私が勝った。
      しかし何しろ相手は上級生なので、機嫌をそこねさせると怖い。
      小学生の二、三学年の差は大きい。
      
      そこで私は注意深く勝つのである。
      あまりこれ見よがしには勝たない。
      いつの間にか勝っていたという勝ち方をする。
      
      もうお解りでしょう。
      勝ち方まで手の内にある。
      それ程私は強かったのです。

      世界ベッタン大会があったら優勝する自身がある、と言うと研究家は信用し
      ない。

      それじゃここでベッタン大会をやろうということになり、研究家の用意した四
      角のものを使うことになったが、これが普通のより少し厚い。
      ベッタンの厚さは重要で厚過ぎても薄過ぎでもだめで、程よい厚さというも
      のがある。
      私はこの厚さだと自分の実力が発揮しにくいと思い大いに不満だったが、他
      に代るものがないのでシブシブ承知。
    
      最初四、五人で始めるが、他の人の打ち方を見ていると全員素人だ。

      真直ぐ打ち降ろしても風は送れないし、斜めの角度がきつ過ぎても玉は横
      すべりしてしまう。
      打ち降ろす強さも、強過ぎても弱過ぎても風は生じない。

      それには膝を使うのである。
      打ち降ろす瞬間に膝を折る。微妙な角度と微妙な強さで打ち降ろされた玉が
      相手の玉に寄り添うように、地面にへばりつく。
      まるでベッタンの裏に足が生えたように。
      この時、玉に気をこめ、その気を地面に閉じこめるつもりで打つ。
      というより実際に気を閉じこめ、全て相手の玉に向わせるのである。

      もう一つは、相手の玉に対してどういう方向から打つかということである。
      すき間の出来ている方向から打たないと、相手の玉に風の影響が届かない。
      
      そういうことが身体化され、頭に入っていなければ、私とは勝負にならない。

      連続で三枚返し、最後の二枚をいっぺんに返した時、見物人の「オー」という
      声。
      
      あんまりみんな下手なので、多少解説すると、研究家は「そうなんだ。メンコ
      は科学なんですね」
      「そんな大げさなもんやおまへん。掛け算できんうちからベッタンできました。」

      そのうち参加者も増え、「てのひらまつり」の番外イベントになる。

      いつしか私はみんなから「師匠」と呼ばれるようになり、研究家も私のホラ話
      が本当だったことを認め、第一回長瀞メンコ大会も無事幕となりました。


      めでたし、めでたし。



a0129148_11372323.jpg
    てのひらまつりブース

a0129148_11312463.jpg


                                               





                                            




                                      メンコ
      
      

      
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-01 16:49 | てのひらまつり

― てのひらまつりそのⅡ ― 「留守番電話に話せない」

     私はどいらかというと人前で話すのが得手である。
     苦手という人の方が多いだろうが私はその逆で、自分でもエンターティナー
     だと思っている。

     それでケンゴさんに「てのひらまつり」で話して欲しいと頼まれたのも、二つ
     返事で引き受けた。

     講演と称するものや講演もどきで喋ったことは数えきれない程だが、野外
     のステージというのは初めてである。

     金、土、日と三日続きのお祭りの土曜日の夜ということになった。
     この日は催しがいっぱいあって、音楽あり大道芸あり、ファイアーショウあり
     で、私の出番は夜の十時過ぎになってしまった。

     派手なショウが終わり、多くの人は各々の居場所に引き揚げたが、舞台の
     周りにはお祭りの夜を惜しむ人がまだそこそこ残っていた。

     舞台に上がって椅子に座るが、強烈なライトに照らされ客席が全く見えない。
     見えないまま話すが、コトバがスムーズに出てこない。
     話しながら、「アッ、これは留守番電話に話しているのと同じだ」と思った。

     私は留守番電話になっていたらすぐ切る。生理的にダメなのだ。

     昔こういう話をきいたことがある。
     演説の上手な人は、オールという塊に向って語りかけるのではなく、各々の一
     人一人、即ちエブリワンに向って、語りかけるのだという。
     聴いている人誰もが、「あっオレに向って話している、私に向って話している」と
     感じる訳だ。

     講演の時、壇上から見ると、一人一人の反応がよく分かる。
     私は視力はあまりよくないが、自分の話がよく届いたかどうか波動で感じとれ
     るのだ。

     話し始めの最初の五分は、もの凄く緊張する。何度やっても慣れるということ
     はない。
     聴衆の歓心を買おうと、いきなり冗談を言っても、客は笑わない。
     この五分の間に、客の心が開かれるかどうかが勝負なのである。
     私の土俵に上ってくれたなと思ったら、ここからはもう合作の世界。
     聴いている人が、喋っている人のコトバを紡いでくれるのだ。

     勿論、用意した原形の話はあるが、それに手足が生え、生命が注ぎこまれて
     いくのは、聴衆の乗りと、会場の雰囲気の力である。
     私は「うん、うん」と頷き、相槌をうってくれる人に向って話しかけ、会場という宇
     宙空間に身を任せていればいい。

     ところが今回は勝手がちがう。
     相手の表情が見えない。
     まるで羅針盤のない海を漂っているようで、自分の身を守ることで精一杯。

     話が話の中に小さく収まってしまって、まるっきり遊びがない。
     私の話は周りのエネルギーを取り込むことができなくて、自由空間を飛翔でき
     ずにいる。

     私は喋りながら「これはピンチだ。何とかしなければ」と思っていた。
     それで話が一つ終った時、いつもの調子が出ないことを告白し、もっとワガママ
     に喋りますよと宣言した。
     
     手のうちを曝け出すことによって、聴衆との回線がつながり我が家に帰ったよう
     な気分になった。
     相変わらず顔は見えなかったが二つ目の話から私の発する波が相手の所に届
     いているのを感じることができた。

     私は檻から出してもらい秩父の夜を楽しんだ。



     めでたしめでたし。



    
a0129148_16353695.jpg














 

てのひらまつり2009


a0129148_1531401.jpg
                                   



                                  









                              




                
                       
                                                        キャンドルナイト  
[PR]
by kumanodeainosato | 2009-07-01 15:42 | てのひらまつり